人気なおすすめ特典あり!赤ちゃんミルクのウォーターサーバーを比較

ウォーターサーバーが赤ちゃんにおすすめ

ウォーターサーバー赤ちゃんにおすすめはどれ

赤ちゃんのミルクに使うお水なら天然水がおすすめ!
ウォーターサーバーのお水にはいくつかの種類がありますが、天然水が圧倒的におすすめです。

 

天然水は自然のミネラル(栄養)がたっぷり含まれています。

 

 

赤ちゃんのミルクや妊婦さんの飲むお水にぜひ使ってほしいです。

 

 

知っていましたか?

 

 

妊娠して数週間、赤ちゃんの体はほとんど水でできています。

 

赤ちゃんの体をつくるお水はママが飲むお水です。

 

 

つまり、ママが健康的なお水を飲むと赤ちゃんもすくすく元気に育つということがわかっています。

 

 

妊娠中のママがアルコールやカフェイン、たばこなどの刺激物がダメだと言われている理由も赤ちゃんが健康になるためです。

 

アトピーの原因はほとんど悪いお水を飲んでいる(飲ませている)からとも言われます。

 

 

もちろん、生まれてからも同じ。

 

赤ちゃんの粉ミルクや離乳食には健康的なお水を使ってあげましょう。

 

最近は放射性物質の心配が騒がれていますよね。

 

その心配に便乗して、完全にろ過したRO水に添加物のミネラルを加えたウォーターサーバーも勧められています。

 

 

だけど、添加物のミネラルってほとんど体に吸収されないという研究結果を発表している人もいます。(太田成男監修『ウォルター先生の水素のはなし』)

 

 

サプリメントを食べるより、食べ物から栄養を摂取した方が吸収率が良いという話がされますけど、それに似ていますね。

 

 

「・・・じゃあ、どのお水を飲んだらよいの?」

 

 

迷わなくて大丈夫です。

 

当サイトで、赤ちゃんのいる家庭のためにウォーターサーバーを徹底的に比較しました。

 

妊婦さんでも子育て中のママパパにもおすすめです。

 

 

一目でわかる!ママパパおすすめ度を導入しました!!

 

 

ウォーターサーバーのお水は水道水やペットボトルの水と比較して、衛生面・栄養面・水の安全性ということで信頼できます。

 

    ウォーターサーバーが赤ちゃんにおすすめな理由
  • 水の安全性
  • 衛生的なお水
  • 栄養が豊富なお水

 

福島原子力発電所の事故から4年以上経ちましたが、未だにに放射性物質の問題は完全に解決していません。ニュースで報道される機会は減りましたが、東京を含めて地域によっては今でも水道水を飲むリスクは常につきまとっています。

 

ある程度年齢を重ねた大人であれば水道水を飲んでも大きな問題はないとされていますが、赤ちゃんや子供であれば慎重に飲む水を選択していく必要があります。

 

飲み水はもちろんですが、料理に使用する水などにも気をつけておきたいところです。

 

ウォーターサーバーを導入すれば、やみくもに心配する必要はなくなり、精神的にもかなり楽になります。

 

安心して飲める上に水道水や市販の水よりも天然のミネラルが豊富で、飲むだけで健康的になれる天然水を使ったおすすめのウォーターサーバーサーバーを厳選して紹介しています。
当サイトの情報を参考にしながら、あなたの安全で健康的な生活を手に入れて下さいね♪

 

ランキング1位フレシャス 最高品質の天然水!

フレシャス

清潔で栄養が豊富な軟水!
電気代が圧倒的に安い!
妊婦さんでもお水交換が楽! 

ママパパおすすめ度

おすすめウォーターサーバー

【フレシャスの特徴】
開発限界区域ラインぎりぎりで採水された富士山の天然水なので、工場や養豚場がなく、高品質な清潔さと栄養がたっぷりなお水です。

当サイトから申し込むと月額使用料が最安値で契約することができます。

他社には真似できない圧倒的な電気代の安さと赤ちゃんが安心して飲める軟水を提供してくれます。



【当サイトから参加できるキャンペーン】
①他社サーバーからの乗り換え手数料負担
②キャニスタープレゼントなど

当サイト一押し!お得な最高品質のお水です!

フレシャスの詳細

 

ランキング2位コスモウォーター 採水地が様々な天然水!

コスモウォーター

全国4箇所にある採水地!
生活様式に合わせたサーバー!
お水交換が手軽! 

ママパパおすすめ度
おすすめウォーターサーバー

【コスモウォーターの特徴】
全国4箇所に採水地があるので、放射能の心配がない地域のお水が飲めるのが特徴的です。(福島原発事故から時間は経ちましたが、赤ちゃんの飲水には気をつけましょう。)

値段が割高ですが、安心して飲める品質のお水が最安値で飲めるのがコスモウォーターです。

他社ではまず手に入らない赤ちゃんも安心して飲める大分県の日田天然水や京都の古都の天然水が飲めます。



【当サイトから参加できるキャンペーン】
①抽選でギフトカードプレゼント
②お水プレゼント、サーバーレンタル代無料など

コスモウォーターの詳細

 

ランキング3位クリティア バナジウム含有量が豊富!

クリティア

天然ミネラルがたっぷり!
モンドセレクション4年連続金賞!
地下200mから汲み上げている天然水 

ママパパおすすめ度おすすめウォーターサーバー

【クリティアの特徴】
バナジウム含有量が国内最高水準の含有量で高血圧、痛風、糖尿病の対策に効果的と言われています。

今ならサーバー代が無料でレンタルすることができます。

採水地も地域ごとに選択できるので、赤ちゃんの安心できるお水を選んで注文する事ができます。



【当サイトから参加できるキャンペーン】
・随時開催中

クリティアの詳細

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクに必要?

ウォーターサーバーのお水で赤ちゃんのミルクを作る事ができます。

 

粉ミルクのパッケージに「ミネラルウォーターは使えません。」と注意書きしてある場合がありますが、軟水なら問題ありません。この場合のミネラルウォーターというのは硬水を意味します。

 

硬水には多量のミネラルが含まれているため、内蔵が発達していない赤ちゃんには大きな負担がかかってしまいます。軟水であればミネラルは過剰に多くはなく、赤ちゃんでも栄養として吸収することができます。

 

当サイトで紹介しているウォーターサーバーは軟水を使ったもののみを紹介していますので、安心して赤ちゃんのミルク作りに役立ててください。

 

 

RO水と天然水の違いについてもご紹介しますが、赤ちゃんのミルクを作るなら天然水を煮沸して利用するのがおすすめです。

 

「赤ちゃんのミルクには純水を使用した方が良い!ミネラルは一切含んでいてはいけない!」

 

そんな意見を言う人がいますが、これは大きな間違いで多少のミネラルは含まれていた方が良いです。そもそも天然水しかなかった時代はミネラルが全く含まれていない水なんて存在していなかったわけですから。

 

RO水は細菌やウィルスを徹底的にろ過しますが、ミネラルなど栄養素もすべてなくなってしまいます。それに、RO水の原水は地下水や水道水がほとんどなので、水質汚染の危険もあります。

 

総合的に考えて、赤ちゃんのミルクを作るためには天然水が安心であるし、栄養もしっかりとれるのでおすすめです。

 

天然水であればすべておすすめというわけではないので、当サイトで比較している情報を参考にしながらウォーターサーバーを選んで下さい。

ウォーターサーバー赤ちゃんの口コミ

キリン(AQUWISH) 月額(目安)11,752円 評価評価2

キリンのウォーターサーバーは開発限界区域ラインギリギリで採られた清潔で栄養満点のお水が特徴的です。大手メーカーのキリンなので、品質が高いお水を選んでいます。
ただし、キリンの採水地はフレシャスと同じなので、総合的に値段が安いフレシャスを選んだほうがお得な場合が多いです。
普段からキリンを愛飲していて、他のメーカーのお水は飲みたくないという場合でなければフレシャスを利用するのがおすすめです。
大手メーカーの安心感は魅力的です。
⇒ 詳細はコチラ 

 

アクアクララ(RO水) 月額(目安)9,250円 評価評価2

アクアクララは電気代が350円から550円とかなりローコストなのが特徴的です。水代を合わせるとウォーターサーバーの中では最安値でしょう。
ただし、RO水なので原水が地下水です。つまり天然水のように自然のミネラルは一切含まれていません。
天然水は絶対に飲みたくないという場合でなければ、赤ちゃんのウォーターサーバーとしてはアクアクララはあまりおすすめできません。
安けりゃなんでも良いという場合はアクアクララはとにかく安いので試してみても良いでしょう。
⇒ 詳細はコチラ 

 

うるのん 月額(目安)9,200円 評価評価2

うるのんウォーターサーバーは天然水としてはかなり安いお水の値段が特徴です。採水地が富士山なので、低品質な天然水を使用しているというわけではありません。
しかし、気になるのは富士山のどこで採水しているかということです。この情報がうるのんでは公開されていないので、あまり良い環境で採水されていない可能性があります。
同じ富士山の天然水であっても、衛生的にも栄養的にも管理された品質の高い採水地を使用しているウォーターサーバー会社は多いです。>
品質は気にしないから激安天然水が欲しいという場合でなければ、うるのんはあまりおすすめできません。
⇒ 詳細はコチラ 

 

アルピナウォーター(RO水) 月額(目安)7,288円 評価評価2

アルピナウォーターはRO水の中でも比較的安いのが特徴です。原水に長野県の北アルプスを利用しているのも特徴的ですね。
ただし、RO水ですから、天然水にもともと含まれていたミネラルや自然の栄養素は全く残りません。
天然水は絶対に飲みたくないし、水道水や地下水を使っているRO水は飲みたくないと言う場合にアルピナウォーターは最適でしょう。(あまりない状況ですが)
天然水を原水にしているならRO水より天然水がおすすめです。
⇒ 詳細はコチラ 

 

調乳ポットの必要よりお水を吟味しよう

 

赤ちゃんのミルクを作る時に便利なグッズといえば調乳ポットです。調乳ポットに目をつけている人というのは夜泣きの時のミルク対策をとてもよく考えている方だと思います。夜泣きしてるときに粉ミルクを使ってミルクを用意するとお湯を煮沸するのがとても大変です。

 

 

水を煮沸して、さらに水を冷ますとなるとかなり時間がかかりますよね。いちいちお湯を沸かして冷ますという過程を続けていたらいくら時間があっても足りません。特に水道水は15分以上煮沸しないと良くないということも言われてますからね。

 

 

水道水には残留塩素が多く含まれているケースがよくあります。

 

成人であれば、多少の塩素が残っていても問題はないですが、赤ちゃんとなると塩素が分解しきれず、内臓に負担をかけてしまいます。

 

15分以上しっかりと煮沸することで、塩素や余計な化学物質を取り除くことが可能です。しかし、夜泣きをしているあわただしい状況で15分間煮沸して、そこからミルクを作るとなると、精神的にかなりつらくなってきます。

 

特に、1歳児前まではお腹がすいて夜泣きすることがよくありますよね。

 

夜中にいちいちミルクを作っていてはとても大変です。そんなときに調乳ポットがあれば便利だし、すぐにミルクが用意できます。

 

しかし、調乳ポットが本当に必要なのか考えてみましょう。

 

調乳ポットは便利ではありますが必須なものではありません。なぜなら、お湯をしっかりと温度キープしてくれるものがあれば、わざわざ調乳ポットのためだけにお金を使う必要がないからです。調乳ポットは何が便利な点かというと、お湯を沸かす手間が省けることです。ミルクが必要な時にその都度水を煮沸するのはとても手間がかかりますからね。

 

煮沸する理由は水道水に化学物質が多く含まれているからです。まずはこの点について考えなくてはいけません。水道水を赤ちゃんのミルクに使うのは正しいのかと考える必要があります。水道水は蛇口をひねれば出てくるので便利ですが、絶対に安全かというと、そうは言い切れません。便利ですが安全とは言えないのが現状です。子育てをしていれば水道水にまつわるいろいろな話を聞きますよね。放射性物質の話もそうですし、化学物質が工場から流れ出す事件もたまに起こります。正直なことを言ってしまうと、水道水が絶対に安全だと保障することはほとんど不可能です。よく言われる残留塩素の問題は煮沸さえしっかりとすれば大丈夫です。(時間はとてもかかりますが)しかし、ホルムアルデヒドのような化学物質が煮沸することになってなくなるとは言い切れません。

 

煮沸してもなくならない化学物質も当然あります。それなので、化学物質が含まれていない安心できる水を使った方が良いでしょう。

 

例えば、富士山の天然水であれば自然のミネラルが含まれていますし、栄養が水に含まれています。

 

飲んでいるだけで、栄養になるというのはとても魅力的じゃありませんか?

 

 

さらに、ミネラルが後から添加されているRO水なんかもありますが、天然のミネラルと違って後から添加されたミネラルは体にほとんど吸収されないというデータもあります。自然なミネラルは体に吸収されますが、後から添加されたミネラルの吸収率はわずか10%以下という結果も出ています。RO水と天然水で比較すると、天然水の方が安全だし、栄養も満点です。日本の天然水は軟水がほとんどです。赤ちゃんはミネラルウォーターを飲むと良くないと言われたりしますが、軟水であれば問題はありません。

 

最近は原発の問題でRO水のような一切汚れていないお水が赤ちゃんにおすすめとされている傾向にありますが、栄養的な面を見るとRO水よりも天然水の方が断然良いです。新生児の健康的な成長を考えるのであれば、日常的に天然水を使ってあげましょう。

 

 

天然水のウォーターサーバーを使えば調乳ポットを用意する必要がありません。調乳ポットのほとんどはお湯の温かさをキープしてくれますが、ウォーターサーバーにもお湯を適切な温度でキープしてくれる機能があります。月額の電気代もかなり安くなってきていて、フレシャスのdewoだと月額の電気代は500円以下(通常の電気代より90%以上安い!)です。ある程度温まっていればお湯はすぐに沸きます。わざわざ15分以上煮沸する心配がありません。塩素が入っていませんからね。とても便利だし安心して利用できます。

 

外出時の調乳は天然水を使おう

天然水が便利だし、健康的だということは良くわかりましたよね。化学物質が含まれていませんし、塩素も入っていません。自然の栄養も豊富に含まれています。赤ちゃんの健康を考えるなら天然水がおすすめです。ただし、すべての天然水が素晴らしいかというと、そうではありません。提供している会社によって良し悪しは左右されます。当サイトでは実際に提供されているお水を飲み比べたり、成分を確認してから赤ちゃんにおすすめかどうか判断しています。

 

天然水を使っていればお水の品質についていたずらに心配する必要がなくなります。自然のフィルターを通ってますからね。普段使えるのも良い点です。紅茶やコーヒーにも使えますし、料理でも使えます。赤ちゃんにしか使えない調乳ポットと比べて、ウォーターサーバーは利用をできる状況が沢山あります。天然水を沢山使って料理をすれば自然の栄養が毎日摂ることができます。育児で疲れがちなママパパだからこそ、自然のミネラルが豊富なお水で健康になることが大切です。調乳ポットどうしても使いたいという特別な理由がなければウォーターサーバーを使った方が便利なのでおすすめです。

 

調乳ガイドラインで困ったらクリスタルガイザーよりもウォーターサーバーを選ぼう

調乳のお水は安全な水を使いたいですよね。最近は水道水を使って粉ミルクを作る家庭もどんどん減ってきています。化学物質や放射性の危険がありますからね。

 

総合的な安全を考えるのでばウォーターサーバーで提供されている徹底的に品質管理されたお水の方が安心です。

 

特に赤ちゃんの体はお水の影響を大きく受けます。妊婦さんの場合もお水に気を付けておいた方が良いです。

 

 

赤ちゃんがママの中にいるころ、おなかの中にある羊水に使っています。羊水は妊婦さんが飲むお水からできています。その後水が綺麗かどうかで赤ちゃんの健康が決まると言われています。

 

赤ちゃんのアトピーや肌荒れの原因も羊水の汚れからきていると言われています。綺麗なお水でおなかの中の羊水を清潔な環境で保ち続けましょう。そうすれば赤ちゃんの健康も自然と保障されます。

 

総合的に安全や値段のことを考えるのであれば、ウォーターサーバーを利用した方が安心できるし安いし安全な調乳ができます。

 

あなたが調乳の仕方に迷っているのであればウォーターサーバーを今すぐ取り入れておくのがおすすめですよ。

 

赤ちゃんの便秘にも効果がある白湯はアトピーにも良い

赤ちゃんの白湯(湯冷まし)にお世話なっている人は多いですよね。

 

成長段階に合わせて赤ちゃんが飲めるものは増えていきます。

 

麦茶が飲めるようになったり、バリエーションが増えてきます。

 

どんなに年をとっても白湯はのませてあげるべきです。大人なってからも白湯は健康に良いとされていますからね。白湯はデトックス効果が評価されています。

 

白湯はお水を温めただけがシンプルな飲み物です。ですから、余分な成分が含まれていないし、体に水分が吸収されやすいという特徴があります。
しかし、同じ白湯でも水道水とミネラルウォーターでは水の質が全く異なります。

 

 

人間が摂取すると健康に良いとされている成分にミネラルがあります。ミネラルはいろいろな栄養素の総称です。

 

自然の天然水にはこのミネラルが豊富に含まれています。赤ちゃんに天然水やミネラルウォーターが健康に良くないということがあります。

 

ですが、そんな事はありません。日本の天然水は軟水ですからね。反対に硬水で有名な市販の水でエビアンがありますが、硬度が高すぎる硬水は赤ちゃんに良くありません。赤ちゃんは大人に比べてな内臓が発達していません。

 

 

硬度が高いお水は内蔵に負担がかかってしまいます。硬水を赤ちゃんのミルクや食事に使うことは適切ではありません。

 

硬度が高いお水ほど自然のミネラルが豊富ということです。ミネラルが多いのですが、体が吸収できなければ意味がありませんよね。
味が独特なので飲みづらさもあります。あなたもエビアンを飲んで独特な味だと思った経験はありませんか?

 

 

日本の天然水はほとんどすべて軟水です。反対に、ヨーロッパの天然水はほとんどが硬水です。ミネラルが多く含まれているので健康には良いとされますが、やはり飲み過ぎには体に毒とされます。

 

大人でも飲みすぎが良くないのに赤ちゃんに飲ませすぎるのが良いことではないのは当然ですし、飲ませる量は本当に慎重にならなくてはいけません。ですが、日本の天然水は赤ちゃんの体にやさしい軟水ですから、安心して普通のお水として飲ませることができます。

 

軟水であれば内蔵の発達が未熟な赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

 

 

ついでに、なぜ天然水が良いのかという疑問に答えます。

 

当サイトでは様々な水の種類がある中、あえて天然水をおすすめしています。水道水、RO水、酸素水、水素水、天然水など様々な種類があります。

 

 

水道水には様々な化学物質が含まれている場合があります。煮沸すればほとんどなくなりますが、15分以上しっかりと煮沸しなくてはいけません。ただでさえ忙しい育児期間にそんなにお湯を丁寧に沸かす時間を取ることができないですよね。夜中に赤ちゃんがギャン泣きしだしたときに粉ミルクを作ろうとなるとかなり大変です。一晩で2、3回夜泣きしてしまった日には睡眠時間が2、3時間はなくなってしまいます。

 

 

RO水はro膜によってしっかりと汚れをろ過しています。ただし、栄養も取れてしまいます。フィルターがかなり細かいからです。その代わり、後から人口のミネラルを添加します。RO水のろ過される前のお水は水道水を利用しています。天然水であっても水道水であってもro膜を通るとほとんどただの純粋になるので、天然水も水道水もあまり関係ないのです。ろ過した後に人口のミネラルを添加していますが、あまり良くありません。純粋かつミネラルも豊富だということで一見魅力的かもしれませんが、これはちょっとあやしいです。ある研究では自然のミネラルではなく添加されたミネラルは人間の体にまったく吸収されないというデータを示しています。吸収されず体外に排出されてしまうのであれば。ミネラルなんて摂取する意味がありませんよね。栄養がないただの水です。実際にRO水を飲んでみるとわかるのですが、独特な透明感があります。おいしいというか透明という感じなんです。(ちょっと不気味!)自然な感じが全くありません。人工的です。

 

水素水は体の健康を気にする人に流行りだしています。しかし、まだ研究が浅い分野です。あまり健康効果がないのではないかという声もあります。水道水はデトックス効果があり良いという人がいますが、それは主観であって眉唾物だという人もまだかなり多いのであまりおすすめはしません。何より値段がとても高いです。普通の水とは比べ物にならない値段の高さです。赤ちゃんのために効果があるかわからない水素水をわざわざ高いお金を払って買う必要はないでしょう。

 

総合的に考えると天然水を利用した方が絶対に良いです。特筆すべき点は現代人に欠けている自然のミネラルが豊富に含まれているところです。ただし、天然水も万能ではありません。自然のフィルターを通しているので提供している会社によって品質は様々です。すべての天然水が良いかというとそうではありません。会社によって味や品質は様々です。すべての天然水を手放しで高評価するわけにはいきません。天然水の品質がしっかりと管理されている会社を当サイトでは厳選して比較しています。(実際に飲んでみて味も確かめているんですよ・・・!)このウォーターサーバーは信用できるなというものだけをおすすめしますし、評価しています。ウォーターサーバーは安いものではありませんから、個人ですべてを試すことは難しいです。当サイトの情報を少しでも参考にして、あなたの家庭にぴったりなウォーターサーバーを選んで下さいね。)


当サイトおすすめのウォーターサーバーはコレ!

人気ウォーターサーバー比較
↑↑↑ウォーターサーバーの極秘情報はこちらをクリック↑↑↑
知らないと損をするお得情報!


赤ちゃんに人気の水サーバーランキング 月額電気代を徹底比較 安全なお水 放射能とお水 おすすめウォーターサーバー